« 決算スペシャル | トップページ | フランス車イベント »

2014年10月 5日 (日)

プジョー1007 センソドライブ オーバーホール

みなさま こんにちは

これから この辺りでは、台風18号が近づいてきます!

十分にご注意を

さてさて、先日 プジョー1007 1.6 が不具合で入庫してきました。

Oishii_61_1

最初は、「クラッチが滑る」と「オイル漏れ」とのことですが・・・

5

ミッションを下ろして確認してみると・・・

8

ミッションの中心にプライマリシャフトというものがあり

そのまわりにベアリングが付いてるのですが・・・

1

ベアリングが数個なくなり、シャフトがガタつき異音が出て

この隙間から、ミッションオイルが漏れてます。

このミッションオイルが原因で、クラッチのほうへオイルが

流れ込み、クラッチ滑りを酷いものにしてたようです。

Photo

通常クラッチ盤には、深い溝があるのですが、

溝がほとんど無くなってます。

そして、いつもお世話になってる枚方のディーラーで、

症状確認と改善策そして部品などの情報をいただき

センソドライブのセミオーバーホールとクラッチ交換を

実施することになりました!!

この プジョー・シトロエン製 5速のセンソドライブは・・・

プジョーでは1007に、シトロエンは C2・C3・C3プルリエル

などに搭載されていますが、この症状は、1.6のエンジンに

多いらしいです。

該当するクルマに乗ってる人は、早めにチェックがオススメ

2

ミッションをバラしていきます~

4

純正部品のシャフトやベアリングを交換していきます

6

ミッション内部も洗浄しながら組み直していきます。

1007

新しいクラッチ盤も取りつけて、ミッションを装着します。

Total_1

新しいミッションオイルを注入します。

2_2

すべて元通りで、作業完了!と言う訳ではありません

エンジン始動で、走れる場合と走れない場合があります。

今はコンピューター制御なので

そしていろいろ初期化も必要なのです~

今回は走れなかったので、レッカーで比較的 近くの

茨木のディーラーへ持ち込みました~。

(夜遅くに持っていき、急なお願いも快く対応して頂き感謝デス)

そこで、ミッションの初期化と、クラッチの初期化を行い・・・

ばっちり快走~

手直しも何度かあり、すこし時間もかかりましたが・・・

元気になった 1007を見ると、ヨカッタヨカッタって思います

またまた 何でもご相談くださいね~

franc garage おだでした (゚ー゚)

|

« 決算スペシャル | トップページ | フランス車イベント »

プジョー」カテゴリの記事

アフターサービス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プジョー1007 センソドライブ オーバーホール:

« 決算スペシャル | トップページ | フランス車イベント »